a+u Architecture and Urbanism Magazine

Architect Yo Shimada Tato Architects

1972年兵庫県生まれ/1995年京都市立芸術大学美術学部環境デザイン学科卒業/1997年同大学大学院修士課程修了/1997年タトアーキテクツ/島田陽建築設計事務所設立/現在、神戸大学、神戸芸術工科大学、広島工業大学非常勤講師、京都造形芸術大学客員教授/2013年「六甲の住居」(『住宅特集』1302)で第29回吉岡賞、LIXILデザインコンテスト2012金賞受賞/「山崎町の住居」(『住宅特集』1309)でかんでん住まいの設計コンテスト2012優秀賞受賞/2011年「比叡平の住居」(『住宅特集』1011)でかんでん住まいの設計コンテスト2010優秀賞受賞/著書に『7iP #04 YO SHIMADA』(2012年、ニューハウス出版)、現代建築家コンセプト・シリーズVOL.22『日常の設計の日常』(2016年、LIXIL出版)