a+u Architecture and Urbanism Magazine

Architect Satoko Shinohara Spatial Design Studio

1958年千葉県生まれ/1981年日本女子大学住居学科卒業/1983年日本女子大学大学院修了/1983〜85年香山アトリエ/1986年空間研究所設立/1997年日本女子大学住居学科専任講師就任/2001年日本女子大学住居学科助教授/2010年〜日本女子大学住居学科教授/「SHAREyaraicho」で2012年に住まいの環境デザインアワード環境デザイン最優秀賞、2014年に日本建築学会賞を受賞/「竹内医院」で2010年に千葉県建築文化賞/主な著書に『住まいの境界を読む』(2008年、彰国社)『おひとりハウス』(2011年、平凡社・いえを伝える本シリーズ)『多縁社会』(2015年、東洋経済新報社)などがある。