a+u Architecture and Urbanism Magazine

Architect Makoto Tanijiri Suppose Design Office

1974年広島県生まれ/1994年穴吹デザイン専門学校卒業/1994~99年本兼建築設計事務所/1999~2000年HAL建築工房/2000年建築設計事務所SUPPOSE DESIGN OFFICE設立/2014年SUPPOSE DESIGN OFFICE Co., Ltd.設立/現在、大阪芸術大学准教授、穴吹デザイン専門学校特任講師、広島女学院大学客員教授など

2014年「ONOMICHI U2」(『新建築』1405)「BIOTOP」でTaipei International Design Award2014 優選W受賞/2015年「今治のオフィス」(『新建築』1305)で第1回JIA四国建築賞大賞受賞/2015年「ONOMICHI U2」でInternational Prize for Sustainable Architecture 2015(Italy)金賞、中国建築大賞2015 一般建築部門大賞受賞/「安城の家」(『住宅特集』1512)で2015年第3回東海住宅建築賞優秀賞、2016年住まいの環境デザインアワード2016グランプリ受賞/2016年「桧原の家」(『住宅特集』1507)にて福岡県美しいまちづくり建築賞住宅部門大賞受賞/著書に『1000%の建築 〜僕は勘違いをしながら生きてきた〜』(2012年、エクスナレッジ)『談談妄想』(2013年、ハースト婦人画報社)