a+u Architecture and Urbanism Magazine

Architect Kengo Kuma Kengo Kuma & Associates

1954年神奈川県生まれ/1979年東京大学工学部建築学科大学院修了/1985〜86年コロンビア大学客員研究員/1990年隈研吾建築都市設計事務所設立/慶應義塾大学教授を経て、現在、東京大学教授/1997年「森舞台 登米町伝統芸能伝承館」(『新建築』9609)で日本建築学会作品賞受賞/2001年「那珂川町馬頭広重美術館」(『新建築』0011)にて村野藤吾賞受賞/2002年スピリット・オブ・ネイチャー・ウッド賞(フィンランド)受賞/2007年「ちょっ蔵広場」「宝積寺駅前グリーンシェルター」(『新建築』0607)でベストグローバルデザイン賞受賞/2008年エネルギー・パフォーマンス建築賞(フランス)受賞/主な著書に『反オブジェクト』(2000年、筑摩書房)『自然な建築』(2008年、岩波新書)『小さな建築』(2013年、岩波新書)『建築家、走る』(2013年、新潮社)『僕の場所』(2014年、大和書房) ほか